【速報】2017年ドラフト指名順位一覧【完全版】

2017年プロ野球ドラフト会議
日時:10/26(木)17:00
場所:グランドプリンスホテル高輪

広島カープ

○1位 中村 奨成 広陵高 捕
2位 山口 翔 熊本工高 投
3位 ケムナ・ブラッド誠 日本文理大 投
4位 永井 敦士 二松学舎大付高 外
5位 遠藤 淳志 霞ケ浦高 投
6位 平岡 敬人 中部学院大 投
育成1位 岡林 飛翔 菰野高 投
育成2位 藤井 黎來 大曲工高 投
育成3位 佐々木 健 小笠高 投

阪神タイガース

×1位 清宮 幸太郎 早稲田実 内
×1位 安田 尚憲 履正社高 内
○1位 馬場 皐輔 仙台大 投
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投
3位 熊谷 敬宥 立教大 内
4位 島田 海吏 上武大 外
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投
6位 牧 丈一郎 啓新高 投
育成1位 石井 将希 上武大 投

横浜DeNAベイスターズ

1位 東 克樹 立命館大 投
2位 神里 和毅 日本生命 外
3位 阪口 皓亮 北海高 投
4位 齋藤 俊介 JX-ENEOS 投
5位 櫻井 周斗 日大三高 投
6位 寺田 光輝 石川ミリオンスターズ 投
7位 宮本 秀明 パナソニック 内
8位 楠本 泰史 東北福祉大 内
9位 山本 祐大 滋賀ユナイテッドBC 捕
育成1位 中川 虎大 箕島高 投

読売ジャイアンツ

×1位 清宮 幸太郎 早稲田実 内
×1位 村上 宗隆 九州学院高 捕
1位 鍬原 拓也 中央大 投
2位 岸田 行倫 大阪ガス 捕
3位 大城 卓三 NTT西日本 捕
4位 北村 拓己 亜細亜大 内
5位 田中 俊太 日立製作所 内
6位 若林 晃弘 JX-ENEOS 内
7位 村上 海斗 奈良学園大 外
8位 湯浅 大 健大高崎高 内
育成1位 比嘉 賢伸 盛岡大付高 内
育成2位 山上 信吾 常磐高 投
育成3位 笠井 駿 東北福祉大 外
育成4位 田中 優大 羽黒高 投
育成5位 広畑 塁 立正大 捕
育成6位 小山 翔平 関西大 捕
育成7位 折下 光輝 新野高 内
育成8位 荒井 颯太 関根学園高 外

中日ドラゴンズ

×1位 中村 奨成 広陵高 捕
1位 鈴木 博志 ヤマハ 投
2位 石川 翔 青藍泰斗高 投
3位 高松 渡 滝川二高 内
4位 清水 達也 花咲徳栄高 投
5位 伊藤 康祐 中京大中京高 外
6位 山本 拓実 市西宮高 投
育成1位 大蔵 彰人 徳島インディゴソックス 投
育成2位 石田 健人マルク 龍谷大 投

東京ヤクルトスワローズ

×1位 清宮 幸太郎 早稲田実 内
○1位 村上 宗隆 九州学院高 捕
2位 大下 佑馬 三菱重工広島 投
3位 蔵本 治孝 岡山商科大 投
4位 塩見 泰隆 JX-ENEOS 外
5位 金久保 優斗 東海大市原望洋高 投
6位 宮本 丈 奈良学園大 内
7位 松本 直樹 西濃運輸 捕
8位 沼田 拓巳 石川ミリオンスターズ 投

福岡ソフトバンクホークス

×1位 清宮 幸太郎 早稲田実 内
×1位 安田 尚憲 履正社高 内
×1位 馬場 皐輔 仙台大 投
1位 吉住 晴斗 鶴岡東高 投
2位 高橋 礼 専修大 投
3位 増田 珠 横浜高 外
4位 椎野 新 国士舘大 投
5位 田浦 文丸 秀岳館高 投
育成1位 尾形 崇斗 学法石川高 投
育成2位 周東 佑京 東農大北海道オホーツク 内
育成3位 砂川 リチャード 沖縄尚学高 内
育成4位 大竹 耕太郎 早稲田大 投
育成5位 日暮 矢麻人 立花学園高 外
育成6位 渡邉 雄大 新潟アルビレックスBC 投

埼玉西武ライオンズ

×1位 田嶋 大樹 JR東日本 投
1位 齋藤 大将 明治大 投
2位 西川 愛也 花咲徳栄高 外
3位 伊藤 翔 徳島インディゴソックス 投
4位 平良 海馬 八重山商工高 投
5位 與座 海人 岐阜経済大 投
6位 綱島 龍生 糸魚川白嶺高 内
育成1位 高木 渉 真颯館高 投
育成2位 齋藤 誠人 北海道教育大岩見沢校 捕

東北楽天ゴールデンイーグルス

×1位 清宮 幸太郎 早稲田実 内
×1位 村上 宗隆 九州学院高 捕
1位 近藤 弘樹 岡山商科大 投
2位 岩見 雅紀 慶応義塾大 外
3位 山崎 剛 国学院大 内
4位 渡邉 佑樹 横浜商科大 投
5位 田中 耀飛 兵庫ブルーサンダーズ 外
6位 西巻 賢二 仙台育英高 内
7位 寺岡 寛治 石川ミリオンスターズ 投
育成1位 井手 亮太郎 九州産業大 投
育成2位 松本 京志郎 光南高 内
育成3位 中村 和希 天理大 外

オリックスバファローズ

○1位 田嶋 大樹 JR東日本 投
2位 鈴木 康平 日立製作所 投
3位 福田 周平 NTT東日本 内
4位 本田 仁海 星槎国際湘南高 投
5位 西村 凌 SUBARU 捕
6位 西浦 颯大 明徳義塾高 外
7位 廣澤 伸哉 大分商高 内
8位 山足 達也 ホンダ鈴鹿 内
育成1位 稲富 宏樹 三田松聖高 捕
育成2位 東 晃平 神戸弘陵高 投
育成3位 比屋根 彰人 飛龍高 内
育成4位 木須 デソウザ フェリペ 御殿場西高 捕

北海道日本ハムファイターズ

○1位 清宮 幸太郎 早稲田実 内
2位 西村 天裕 NTT東日本 投
3位 田中 瑛斗 柳ケ浦高 投
4位 難波 侑平 創志学園高 内
5位 北浦 竜次 白鴎大足利高 投
6位 鈴木 遼太郎 東北学院大 投
7位 宮台 康平 東京大 投

千葉ロッテマリーンズ

×1位 清宮 幸太郎 早稲田実 内
○1位 安田 尚憲 履正社高 内
2位 藤岡 裕大 トヨタ自動車 内
3位 山本 大貴 三菱自動車岡崎 投
4位 菅野 剛士 日立製作所 外
5位 渡邉 啓太 NTT東日本 投
6位 永野 将司 ホンダ 投
育成1位 和田康士朗 富山GRNサンダーバーズ 外
育成2位 森 遼大朗 都城商高 投

女性のプロ野球観戦

私はプロ野球観戦が子供の頃から大好きです。

プロ野球観戦って、男性が好むイメージを持たれる方が多いのではないかと思うのですが、実は女性でも非常に楽しめるのです。
小学校時代にキックベースやソフトボールが楽しかったと感じたことがあれば、野球だって絶対観ていて楽しめると思います。ルールはほとんど同じです。それに、最近の野球の選手にはイケメン選手もたくさんいますし、好みの選手が活躍していたら、ハマること間違いありません。

さて、まずは女性目線で書いてしまいましたが、男性も、特に将来のプロ野球選手になり得る子供たちにも、プロ野球を存分に楽しんでもらいたいのです。

野球場の席には種類があります。大きく分けて内野席、外野席に分けることが出来ます。

内野席はピッチャーが投げる様がよく見えます。プロならではの豪速球を観るにはやはり内野席がお勧めです。落ち着いて、じっくりとゲームを観たいなら、断然内野席がお勧めです。料金で言うと、外野席よりは高額となります。特に、キャッチャーの後方に当たるバックネット裏と呼ばれる席には特別席が設けられている場合が多く、特に高額となります。

外野席はピッチャーからはだいぶ距離があるのですが、ホームランが飛んでくるかもしれない、という楽しみがあります。実際なかなかそんな機会には恵まれないものではありますが、もしボールが取れたら、などと夢を抱ける素敵なエリアです。

また、外野席の、特に自由席には、各球団の応援団が陣取っています。どの球団も、各選手それぞれの応援歌を作ったりしていて、一緒にメガホンを持って拍子に合わせて手をたたくなどしていると、大変盛り上がれます。

このように、内野席と外野席でだいぶ雰囲気が異なるので、どちらが自分の好みに合うかそれぞれに足を運んでみて欲しいと思います。

球場での野球観戦のメリット

野球観戦をする上で、私が一番好きなのは、あの野球を見に来た人たちのわくわく感や仕事が終わった後の開放感が発されている空気感です。

野球をがっつり見て、応援歌を歌い、野次を飛ばして野球をしっかり集中して見る人もいれば、仕事帰りにニコニコと試合の展開を眺めながら美味しそうにビールを飲む人もいる。
食い気味に前に乗り出すようにして見ている子供達もいます。

それぞれが自分の好きなように過ごしながら、共通事項であろう「好きな野球を見る」ということをしている空気感が好きです。
応援が盛り上がっている外野席に混ざったときは、応援している球団に点が入った時やチャンスが来た時の盛り上がりを周りと共有することができるので、静かに見ている時よりも高揚感を自分自身、外に出してはしゃぐことができました。

見ず知らずの人たちではあるけれど、同じ球団を応援しているということを通して、興奮を共有することで一緒に楽しもう!という気持ちがみなさん溢れています。
人見知りの方でも周りの方と気持ちを共有するのは難しいことではないと思います。

また、試合の途中で行われるホームの球団の応援ソングなども見どころだと思います。マスコットキャラクターたちの個性溢れるパフォーマンスや観客たちの一体感は見ていてとても楽しいです。
初めて行くなど、参加した経験がなくても見よう見まねで音になるだけでも楽しいです。

私が入れ込んでいる球団ではありませんが、ロッテの応援の一体感は特にすごいです。いつか混ざって見たいと思います。

京セラドームで子供と無料観戦

よく京セラドームにオリックス戦を見に行きます。といっても、年に数回ですが。

家から京セラドームまでは近く、自転車で行けます。また、無料券をよくもらうのです。会社での無料券配布も年1、2回ありますし、子どもが学校でもらうこともあります。今年は、子どもが少年野球のチームに入っているのですが、そこの関係者からよくもらい、子どもたちは今年は3回も行きました。

残念ながら、オリックスは上位ではなく、人気もそれほどではありません。ですので、幸いなことに無料チケットは自由席ですが、内野の上の方なら、十数名なら、まとまって座ることができます。
今日も、その無料券で、内野上段を15人で座りました。

ソフトバンク戦でしたが、オリックスファンより、ソフトバンクファンの方が多いのではと思えるぐらいでした。試合も、ソフトバンクの完勝で、オリックスファンは盛り上がりにかける展開でした。息子の野球チームにも熱心なソフトバンクファンがおり、その人は盛り上がっていましたが。

そうなると、野球観戦より、ビール飲みながら、息子の野球チームの話しになります。
プロ野球を見て、野球の勉強をしてほしい。

特に、プロでさえ、ボールカバーを徹底してやっているのを見てほしいのですが、子どもたちは、お菓子やアイスを買いに行ったり、ふうせんの準備に忙しくて、試合どころではありません。まあ、それでも、野球に興味を持ってくれたらいいかと思いながら、こちらも、ビールを飲んでいます。

家族で行くと、この展開では、終盤は眠くなるのですが、今日は団体で賑やかだったので、最後まで楽しく過ごすことができました。
こんな観戦もありですね。またあればいいのですが、無料チケットが手に入るかどうか次第です。

2003年の優勝目前のダイエーホークスの試合の結果wwwwww

2003年の9月の終わりごろ、当時のダイエーホークスがマジック2でした。

その時に家から近い今のほっともっとフィールド神戸スタジアムにてオリックス×ダイエーの試合を期待に胸を膨らませて見に行きました。

マジック対象チームは西武で、西武の動向も気にしながらダイエーの試合を一生懸命観戦しました。

この日のチケットは前日でも簡単に取れました。王監督の胴上げをリアルタイムで見たいと切に思っていました。

私はダイエーファンでこのように王監督の胴上げをリアルタイムで見る機会は一生の一度の機会かもしれないと思い、ダイエーの勝利を切に願っていました。

そして試合は始まりました。両投手とも不安定で打ち合いになりました。

ダイエーが点を入れたときは本当に喜びでいっぱいでした。しかしダイエーの先発の倉野投手の出来はいまひとつで、せっかくリードしていてもすぐに追いつかれたり逆転されたりしていました。とにかくこの日のゲームは激しく動きました。

その中で西武の敗戦の情報が入りました。
あとはダイエーホークスが勝つか引き分けるかという条件に絞られました。

試合はどんどん進んでいき、12回の裏のオリックスの攻撃に入りました。

同点でダイエーホークスがこの12回の裏さえしのぐことができれば、王監督の胴上げがリアルタイムで見ることができるのです。
とにかく12回の裏だけは守り切ってくれるように必死の思いで応援していました。とにかくその12回の裏だけは異様に長く感じました。

しかし夢は見事打ち砕かれました。サヨナラホームランを打たれて、ダイエーが負けたのです。

私はただ喪失感でいっぱいで、帰り道において足もほとんど動いていない状態でした。

家路につくまで本当に苦痛で30分ほどで帰れる距離なのに、まさに長旅をしている感じでした。実家の親にもそのことを話すと「野球はそんなものよ」と言われました。
確かに終わったことを振り返っても仕方がありません。

オリックスにしても目の前での胴上げを阻止するのに必死だったことでしょう。
節目となる試合に負けたのは残念だったが、試合そのものは紆余曲折があって非常に楽しかったと思いました。

60歳にして思うプロ野球観戦の魅力

60歳を越えた私には、高校のころには、年に1度札幌の円山球場で行われる、読売巨人軍の試合しか見ることはできませんでした。

当時は、王、と長嶋の全盛期、、早くから並び練習から見たものですが、北海道に、日本ハムファイターズが札幌ドームを本拠地にしてからは、北海道でもプロ野球を数多く見ることが出来る様になりました。

ドームは、夢の世界です、子供のころから、オールスターゲームと、日本シリーズ、そして、高校野球で、北海道の学校が全国制覇することを、見ることはできないと思って思っていましたが、全てを、見ることが出来たのです。

札幌ドームの、通路から、グランドを見ると,まさにそこは夢の世界です、空気が違います。

そんな別世界で、プロの野球が見られる時代になったことの嬉しさと、楽しさ、このわくわくするような雰囲気が、たまりませんね。

日米試合も、見ました、松井秀喜の当たりが、ライトフライのなる中、バリー・ボンズの当たりがライナーで、ライトスタンドの中段に突き刺さるようなホームランも見ました。

清原の、尻の大きさも見ました、もちろんイチローも見ました、松坂大輔のキャッチボールの凄さも見ました。

全てが、札幌にドームが出来たお蔭と、日本ハムが札幌に来てくれたおかげです。
日本ハムが、札幌ドームで、日本シリーズを勝ち、日本一になった試合も見ました。

全てが子供のころの夢のような世界なのです、そんな夢の空間で、本当の野球を見ることの出来る幸せが、あったのですね。