2003年の優勝目前のダイエーホークスの試合の結果wwwwww

2003年の9月の終わりごろ、当時のダイエーホークスがマジック2でした。

その時に家から近い今のほっともっとフィールド神戸スタジアムにてオリックス×ダイエーの試合を期待に胸を膨らませて見に行きました。

マジック対象チームは西武で、西武の動向も気にしながらダイエーの試合を一生懸命観戦しました。

この日のチケットは前日でも簡単に取れました。王監督の胴上げをリアルタイムで見たいと切に思っていました。

私はダイエーファンでこのように王監督の胴上げをリアルタイムで見る機会は一生の一度の機会かもしれないと思い、ダイエーの勝利を切に願っていました。

そして試合は始まりました。両投手とも不安定で打ち合いになりました。

ダイエーが点を入れたときは本当に喜びでいっぱいでした。しかしダイエーの先発の倉野投手の出来はいまひとつで、せっかくリードしていてもすぐに追いつかれたり逆転されたりしていました。とにかくこの日のゲームは激しく動きました。

その中で西武の敗戦の情報が入りました。
あとはダイエーホークスが勝つか引き分けるかという条件に絞られました。

試合はどんどん進んでいき、12回の裏のオリックスの攻撃に入りました。

同点でダイエーホークスがこの12回の裏さえしのぐことができれば、王監督の胴上げがリアルタイムで見ることができるのです。
とにかく12回の裏だけは守り切ってくれるように必死の思いで応援していました。とにかくその12回の裏だけは異様に長く感じました。

しかし夢は見事打ち砕かれました。サヨナラホームランを打たれて、ダイエーが負けたのです。

私はただ喪失感でいっぱいで、帰り道において足もほとんど動いていない状態でした。

家路につくまで本当に苦痛で30分ほどで帰れる距離なのに、まさに長旅をしている感じでした。実家の親にもそのことを話すと「野球はそんなものよ」と言われました。
確かに終わったことを振り返っても仕方がありません。

オリックスにしても目の前での胴上げを阻止するのに必死だったことでしょう。
節目となる試合に負けたのは残念だったが、試合そのものは紆余曲折があって非常に楽しかったと思いました。

yamatetu

投稿者: yamatetu

日々是速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です